マイスリー 副作用

マイスリーの副作用について

不安で眠れない

マイスリーは比較的副作用が少ないとされ、不眠症治療など、初期に処方されますが、特に高齢の方は注意が必要です。以下のような症状がでた場合には、服用をなるべく早くやめる必要があると思われますが、長く服用していた場合には、少しづつ量を減らしましょう!

 

  • もの忘れがひどくなる。(特に高齢の方)
  • 疲れが取れない。
  • 体が常にけだるい。
  • 動悸がする。
  • 呼吸が苦しいような気がする。
  • 常に眠気があるのに眠ろうとするとなかなか眠れない。

長くマイスリーを服用していた方は、服用をやめようとするとさらに眠れなくなるような焦燥感に苛まれたり、不安になる、イライラするなど薬を飲まずにられない気持ちになったりするようですが、これもマイスリーの副作用です。

 

マイスリーの副作用を避けるには?

薬に頼る

お医者さんの仕事は、薬を処方することで終わってしまっているようにさえ思います。最近のお医者さんは、薬の副作用を把握したくないのかと思うほど患者の言うことを聞きません。患者さん本人は、症状が改善すると信じているのですが、どうも調子が良くならない。そんな時には、しっかり症状を伝えたほうが良いでしょう!

 

結局は、薬は人それぞれ改善の度合いが違います。自分にあっているかどうか?服用してみて感じていることはしっかりお医者さんに伝えてみましょう!もし、すこしでも便りにならない回答が返ってきた場合には、病院を変えてみることも考えてみてください。

インフォームドコンセントについて

不眠症は、医学的に完全にはメカニズムが解明されていない病気の一つです。マイスリーなどに代表される睡眠導入剤は、不眠症の原因を治療する目的ではなく、眠れないなら、無理やり眠れるようにしてしまえという医学とかけ離れた行為にも感じられるのです。

 

病院で治療を受ける際には、マイスリーをどのくらい服用すると何がどのように改善しどのくらいの期間でどう改善していくのかしっかり医師に確認しましょう。そうしなければ、マイスリーはいずれハルシオンへと変わり、万年不眠状態から抜けられなくなってしまうかもしれないのです。

 

必要な治療とその期間の目安、投薬の期間などの目安を患者に正確に伝える。これがインフォームドコンセントの意味です。これができないということすなわち、お医者さんは、どうしたらあなたの症状が治癒に向かうのか?まるで分かっていないで投薬だけしている。そんな状態であることがはっきりするはずです。

 

マインドガード

安心安全な天然成分で作った心の青汁で快眠を!

 
マイスリーとは、睡眠薬の一種で日本で一番販売量が多い睡眠導入剤です。ハルシオンと比べて副作用が少ないと言われていますが、マイスリーに副作用がないわけではなく、適量を把握するのも難しいようです。